社内管理・印章の種類|会社の給与計算はアウトソーシングが便利|代行でコストも削減

会社の給与計算はアウトソーシングが便利|代行でコストも削減

メンズ

社内管理・印章の種類

実印

日本の独自の文化としてハンコ文化があります。あらゆる公的な場面はもちろん私用なことでも広くハンコが使われていますが、ハンコにもそれぞれに意味があります。ハンコは一般的な言い方ですが正しくは印章と呼ばれます。会社で使われる印章としては、代表者印、銀行印、認め印、角印の4種類で、それぞれ印影やサイズが変わってきます。代表者印は大事な書類を代表者が確認したさいに押されるもので、会社の方向性を決める重要なものです。銀行印は銀行との取引に必要なものになります。認め印や角印はそれぞれ会社組織内で使われる確認用のものです。代表者印や銀行印は会社名で作られますが、認め印や角印は個人名で作られるのが一般的です。

印章はハンコを作っている業者に依頼すれば購入が可能です。既製品もありますし作ってもらうのも一般的です。特に会社で使われるものは、既製品よりもオーダーで作ってもらう方が好ましいといえます。一方で印章のうち代表者印を除けば特に登録などの手続きは入りません。つまり代表者印は実印のように登録が求められるということです。代表者印は法人の登記をするさいに届け出るもので、公的な効力をもつ実印として扱われます。このため実印として使われるためコピーされないように工夫した印章にすることが求められます。その他の印章は実印登録をする必要はありませんが、社内で印章を登録しておき不正が起きないように工夫するといったことも社内管理をする上で重要です。