クラウドで利便性向上|会社の給与計算はアウトソーシングが便利|代行でコストも削減

会社の給与計算はアウトソーシングが便利|代行でコストも削減

メンズ

クラウドで利便性向上

男性

製販一体の管理システム

企業にとって売り上げとコストは切っても切れない関係にあります。売り上げが右肩上がりで向上している時代では、コストは度外視でビジネスを進めることもできます。しかし売り上げに上限が見えてきている現在においてはいかにコストを正しく分析するのかが存続のポイントになります。かつては生産と販売の管理は別で行っても問題ありませんでした。しかしコストありきの売り上げを出す現在においてはオクラまでコストをかけることができるのかを見極めることが経営判断となります。そのため別々の管理では現状が把握できないのです。そこで導入されているのがERPです。すでに海外の起業では、7割近くがERPを導入して実績を出しているのです。

海外では多くが導入済み

日本でも遅らせながらERPを導入する企業が増加しています。コストには人件費も当然含まれますので、人事システムを統合した総合管理システムとして経営判断の材料に使用されています。導入するにはコストがかかります。最近ではクラウドなどデータサーバーを自社で持たなくてもデータ管理ができるサービスが主流になっています。そのため低コストでERPの導入を行う事ができるようになっています。すでに生産と販売、そして人事管理の自社ツールを持っている場合、そのアウトプットとインプットの作業が別途必要になりますが、統合することでリアルタイムの経営状況を把握できるなどメリットは非常に高くなっているのです。製造業などモノづくりを行う現場以外でもERPの活用はできます。