製造業の使用事例|会社の給与計算はアウトソーシングが便利|代行でコストも削減

会社の給与計算はアウトソーシングが便利|代行でコストも削減

メンズ

製造業の使用事例

男性たち

ビジネスのスピード化

製造業においてクラウドのワークフローシステムは、他社との差別化を図るビジネスのスピード化を実現させることができます。製造業では納品後のメンテナンスや保守も顧客のもとに出向いて行います。顧客際に納品されている機器が故障などを起こした場合、営業担当が現場に出向き、その様子を確認します。ワークフローシステムが導入されていない場合、帰社後に書類を作成し、上長の決済を得たうえで、部品メーカーへの発注を行います。そして部品の到着後に顧客先へ修理に伺うことが一般的な流れになります。しかし数日の時間を要することになります。決済が得られるまでの時間が長いとさらに時間を要することになります。顧客満足度を図るためにクラウドを利用することで解決できるのです。

発注までの時間を短縮

顧客先で故障の要因を特定したのちに、その画像や部品発注の伝票をクラウド上のワークフローシステムで作成します。起案が完了するとクラウドシステム上で自動的に決済の承認並びに部品発注まで行われます。帰社した段階では酢でい部品発注の工程になっている事も考えられるのです。顧客は納品された機器の故障によって業務に支障をきたしているのです。そのため顧客満足度を一番に考慮した社内のワークフローシステムを構築することで他社との差別化が図ることができるようになります。社外で活躍するため、クラウドシステムは必須です。社員全員がタブレット端末などを持っているため実現可能になるのです。保守対応によって製造業の信頼度はますます向上するのです。