会社の給与計算はアウトソーシングが便利|代行でコストも削減

オフィス

コスト削減に大きく寄与

ウーマン

個人情報の課題

給与計算を代行によってアウトソーシングするケースは増加しています。人件費コスト削減や法律の改正に素早く対応するなどのメリットを持っています。しかし給与計算の業務は多岐にわたります。企業のニーズにもよりますが、利用スタイルを考慮しどこまでをアウトソーシング対応するのかがポイントになります。すべてを代行することも可能ですが、コストもかかります。また社員すべてのデータを代行会社に渡す必要があるため、個人情報の管理などのリスクが発生します。社員の更新の都度データをやり取りするなど入れ替わりが激しい会社にとっては逆に工数になることも懸念されます。そのため範囲を決めて一番効率の良いアウトソーシングを利用することがポイントになります。

アウトソーシング範囲

給与計算の代行範囲は一番狭い範囲では給与計算や年末調整のレベルです。最低限の管理をお願いすることになりますので、データのやり取りは月一回が原則となります。給与計算を行う人事部門のルーチンワークの工数を削減することを目的とする場合には、これを利用することがおすすめです。計算結果は自社のデータベースに更新するため、人事データは自社で扱うことになります。更に踏み込んだ代行は人事データベースの管理レベルをお願いすることです。給与計算を含む人事部門全体の管理を依頼するものになります。法律や制度改定にも速やかに対応してくれるメリットを持っています。社員の入れ替わりの都度にデータ連携をしなければならないため共通のシステムなどを取り入れると便利です。

製造業の使用事例

男性たち

製造業においてクラウド型のワークフローシステムを使用する事での利点は顧客満足度の上昇効果になります。故障製品の部品交換発注を現場で行う事でその後の上長承認と部品発注がスムーズに行われるようになるのです。

Read

社内管理・印章の種類

実印

実印とは公的な効力を持った印章のことです。個人の場合には印鑑証明を自治体に発行してもらうことで実印とすることができます。一方で会社で使われる印章でも代表者印は法人登記に届けられるもので、実印として扱われます。

Read

クラウドで利便性向上

男性

清算と販売の管理を別々に行う事で経営全体が見えにくくなる実態があります。経営判断を的確に行うためにERPの導入が急務となっています。すでに海外では多くの企業が導入しています。日本でも誤った経営判断をしないようにする一つの方法となります。

Read